タグ:関西学生野球連盟 ( 5 ) タグの人気記事

2010年 04月 23日
関西学生野球連盟 関西大学 vs 京都大学(後篇)
b0170881_0381947.jpg

帽子を飛ばしながら力投する京都大学の内藤悠太投手(2年:加古川東)


6回終了時点で7-0と劣勢の京都大学は7回に反撃開始。
一死一・二塁の場面で、5番 田中靖矩選手(3年:堀川)が左翼手の頭上を越える適時二塁打を放ち、二塁走者の新実彰平選手(3年:洛星)が生還する。
b0170881_1343211.jpg
b0170881_1344059.jpg
b0170881_1344835.jpg


なおも二塁・三塁に走者を置く好機に、続く大背戸淳選手(3年:北野)の強い当たりは遊撃手へのライナーとなり、二塁走者の田中選手が帰塁できず、
追加点を挙げられなかった。
b0170881_2201020.jpg


終盤は両チームともに継投策。
京都大学は8回に安土直輝投手(4年:寝屋川)が登板。死球を与えるなど満塁の危機を招いたが、関大を0点に抑えた。
b0170881_2232660.jpg

b0170881_223398.jpg

関西大学は8回を横山将太郎投手(4年:報徳学園)が抑え、9回には近藤均投手(2年:福知山成美)が登場。
b0170881_228717.jpg
b0170881_2281366.jpg
b0170881_2281832.jpg

福知山成美のときの近藤投手は、好投手ではあるが、強い個性を感じさせないスマートな投手 という印象を抱いていたのだが、
この日見た近藤投手は力強さを感じさせる投球を披露、また打者を見据える眼光も鋭くて、その印象が一変した。
b0170881_2294038.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-04-23 23:55 | 大学野球 | Comments(0)
2010年 04月 22日
関西学生野球連盟 関西大学 vs 京都大学(前篇)
b0170881_163050.jpg

内野ゴロをさばいて笑顔でベンチに引き上げる関西大学 前田直斗選手(3年:平安)と松岡良典選手(3年:東海大菅生)


関西学生野球連盟 春季リーグ戦 第3節
京都大学  000 000 100   1
関西大学  000 124 00X   7
(20010年4月17日(土) 皇子山球場 第2試合)

関西大学の先発は甲子園出場経験のある秋本達也投手(3年:北陽)。7回を4安打・1失点に抑えた。
b0170881_7174959.jpg

京都大学の先発は橋本玲央投手(2年:小野)。
b0170881_719424.jpg


4回裏、関西大学は先頭打者中園拓磨選手(2年:奈良大附)が四球で出塁し、送りバントで二塁に進む。
二死となった後、8番 前田直斗選手が適時打を放ち、1点を先制する。
b0170881_2145596.jpg
b0170881_2145135.jpg


5回裏の関西大学は、蛯子大輔選手(4年:履正社)、小林龍之介選手(3年:神港学園)の連続適時打で2点を追加した。
b0170881_2221238.jpg
b0170881_222195.jpg

b0170881_22284391.jpg
b0170881_22285162.jpg


要所で守備の綻びが出るなど、押され気味の試合展開を強いられる京都大学からも。
洛星高校出身の新実彰平捕手(3年)と、立見純一選手(4年:高槻)。
b0170881_2227569.jpg
b0170881_2228565.jpg


(後篇へ続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-04-22 22:38 | 大学野球 | Comments(2)
2010年 04月 21日
関西学生野球連盟 近畿大学 vs 関西学院大学(後篇)
7回表、近畿大学の生駒敬選手(2年:福知山成美)が絶妙のセーフティバントを決めた。
b0170881_2353553.jpg

b0170881_2354345.jpg


7回裏、関西学院大学が一死二塁と同点機を迎えた場面で、檪浦大亮選手(3年:広陵)が代打で登場。
粘った末に空振り三振に打ち取られ、思わず天を仰ぐ。
b0170881_23595379.jpg


関学バッテリーは、8回から小坂龍徳投手(4年:倉敷)、山崎裕貴選手(1年:関西学院)に交代。
b0170881_041748.jpg

中前打で出塁した近大の2番打者 夛田彰吾選手(4年:天理)の二盗が、二塁への送球の乱れを誘い、盗塁を成功させる。
b0170881_0183630.jpg

4番 若松政宏選手(4年:大阪桐蔭)の遊ゴロは、四球で一塁に出塁した長谷川雄一選手(4年:済美)を二塁で刺すことはできたものの、一塁・三塁に走者を置くことになった。
b0170881_0145475.jpg

一塁走者が二盗を決めた後、5番 野瀬雄介選手(3年:北陽)が中前適時打を放ち、近大が終盤に貴重な追加点を挙げる。
b0170881_0173254.jpg
b0170881_0173956.jpg
b0170881_0174734.jpg


9回には近大の三塁手に杉本聖和選手(1年:福知山成美)が、関西学院の投手にはボイラン・フィヨン隆治投手(2年:履正社)が登場した。
b0170881_0242778.jpg
b0170881_0243612.jpg


最後に、武内仁志投手(4年:倉吉北)・柴立聡太捕手(4年:近大附)のバッテリー。
b0170881_0261823.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-04-21 00:29 | 大学野球 | Comments(4)
2010年 04月 19日
関西学生野球連盟 近畿大学 vs 関西学院大学(前篇)
b0170881_6493177.jpg

5安打完封、三塁走者を許さない安定感ある投球を見せた近畿大学 武内仁志投手(4年:倉吉北)


関西学生野球連盟 春季リーグ戦 第3節
近畿大学  000 100 010   2
関西学院  000 000 000   0
(20010年4月17日(土) 皇子山球場 第1試合)

関西学院大学は蒔野健太投手(2年:名古屋)が先発。7回を投げて4安打1失点と、近大 武内投手と互角に渡り合う投球をみせた。
b0170881_6551868.jpg


4回表の近大の攻撃は、四球で出塁した長谷川雄一選手(4年:済美)を4番 若松政宏選手(4年:大阪桐蔭)が犠打で二塁に進め、後続打者が死球、三振となったあと、
二死一・二塁から7番 柴立聡太選手(4年:近大附)が左前適時打を放って先制点を挙げる。
おそらく守備側から見て打球が走者と交錯したのだろう、関学の遊撃手、大西浩平選手(4年:愛知啓成)のグラブをかすめて外野に転がった先制打だった。
b0170881_763248.jpg
b0170881_76396.jpg
b0170881_764780.jpg
b0170881_765525.jpg


1点を意識しあう最小失点差の試合展開ということもあり、随所に好守を見ることができた。
b0170881_7153220.jpg
b0170881_7153876.jpg
b0170881_7154798.jpg


この日出場した、高校時代に私が撮影した選手たちのショットから。
福知山成美で甲子園出場経験のある生駒敬選手(2年)が、近大の二塁手として先発出場した。
b0170881_7143041.jpg
b0170881_7143692.jpg


(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-04-19 07:24 | 大学野球 | Comments(0)
2010年 04月 18日
関西学生野球連盟 春季リーグ戦 第3節
b0170881_0444854.jpg

関西大学vs京都大学より:3回表、京大の8番 橋本玲央選手(小野高)のバットが折れた瞬間

昨日(4月10日)は、滋賀県大津市の皇子山球場に、関西学生野球連盟春季リーグ戦を観戦・撮影に行った。


今回が初の大学野球観戦・撮影だった。
今までは大学野球といってもあまりピンとこなかったし、高校野球だけで手一杯で、大学野球にまで手を広げるのは憚られるというか、物理的にも無理だと思っていた。
もちろん、師匠Mさんやたっちゃんさんが、高校野球だけでなく大学野球にまで頻繁に足を運んでいるのを見聞きしているので、そのエネルギーには心底敬服するとともに、自分はそこまでするのは遠慮(自粛?)しておこうと決めていた。
しかし、私が野球撮影をはじめて数年経ち、高校での練習を撮影した選手たちが大学野球で背番号をつけて活躍するようになってくるとそんな心境にも変化が生じ、成長した彼らの姿を見たくなってきた。
当初は先週スカイマークスタジアムで行われた関西学生野球連盟のリーグ戦を撮影したくて行く予定だった(球場が美しいことも理由のひとつ)が、都合が悪くなって断念したので、初めての大学野球の観戦・撮影を、今まで訪れたことがなかった皇子山球場で行った。


今回見たかった選手たち。
関西大学の前田直斗選手(平安)は、私が初めて平安の練習におじゃましたときの主将。
名門・平安を率いた彼が、今シーズンから背番号6をつけて公式戦に出場するようになったと知ったことが、大学野球に足を運ぶ強い動機になった。
この日は先制打を放っただけでなく、守備面でも随所に堅守を見せてくれた。
b0170881_0464360.jpg

関西学院大学の小林正幸選手(龍谷大平安)も見たかった選手だ。
3年夏の京都大会、立命館宇治vs龍谷大平安で、手首の骨折をおして最後の打者として代打で登場したシーンはいまだ印象深い。
投手として野球を続けている彼の本日の登板機会はなし。またの撮影機会を期したい。
b0170881_0465080.jpg



この日の試合(第1試合:近畿大学vs関西学院大学、第2試合:関西大学vs京都大学)の模様は後日アップしたいと思います。
[PR]

by photomoments | 2010-04-18 01:35 | 大学野球 | Comments(6)