2010年 05月 16日
練習試合 : 乙訓 vs 立命館-1
b0170881_17512573.jpg
b0170881_17513224.jpg

乙訓 田尻捕手、立命館 小林捕手。守りの要でもあり、攻撃面でも主軸をなす両チームのキャッチャーに注目した


わかさスタジアムで準決勝が行われたこの日、私は乙訓高校グラウンドでの練習試合を撮影に行った。
当初の予定では京都成章と愛工大名電を迎えての変則Wヘッダーだったが、京都成章が春季京都府大会の準決勝に進んだため、立命館を招いての変則Wヘッダーとなった。
第1試合は乙訓vs立命館。
乙訓はたびたび訪問していることもあって、試合に出場する選手の顔と名前が大体わかるのだが、立命館は先日の春季大会(塔南戦)を目にしただけなので、まだまだ顔と名前が一致しないのが正直なところ。
それでも、塔南戦で好投した沼田投手をはじめ、ガッツある表情を見せた辨選手など、1試合見ただけで脳裏にインプットできる選手が案外多いのが立命館の特徴だと思う。
なかでも小林捕手は、打では豪快なスイング、守っては表情豊かにプレーするところが特に印象に残る選手だったので、この日も注目して見ていた。

ちなみに捕手というポジションは、それ自体をじっくり狙って撮影しづらい被写体だと思う。
マスクに妨げられてその表情を捉えることが難しいときが多いのだが、この日は撮影アングルや高さ関係もよかったのか、双方の表情をうかがえる写真を撮ることができた。

乙訓の田尻捕手は、先日の府立工業戦での打撃の不調が嘘のような5打数5安打の活躍ぶり。練習試合終了後に少し話をしたが、もう大丈夫そうだ。
一方、立命館の小林捕手も2安打を放ち、本塁クロスプレーで走者を刺すなど、いい動きをしていた。
小林捕手は、(おそらく第2試合の愛工大名電戦の最中のことだったと思うが)彼に「ナイススイング!」と声をかけると、「ありがとうございます。塔南戦の写真を撮ってくれた方ですよね」と答えてくれた。
この日、立命館の中村監督と保護者の方に、塔南戦で撮影したデータを持参してお渡しした。上に記した会話の答え方はそれをわかってのことだと思うが、初対面の相手(=私)に対して話をつなぎ、広げるような会話ができる高校生は必ずしも多くないだろう。試合中でなければもっといろいろ話をしてみたいと思った。
それはほんのわずかの会話だったが、彼の社交性や主将としての統率力を垣間見たような気がした。


この試合の先発は、乙訓が佐野投手、立命館が太田投手。佐野投手は9回を完投、太田投手は6回まで投球し、東投手につないだ。
b0170881_2147394.jpg
b0170881_21474621.jpg

b0170881_21593219.jpg

2回表の乙訓の攻撃。二死一・二塁の場面で左前打を打たれたが、二塁走者を本塁で刺した小林捕手はこの表情。
b0170881_21563210.jpg
b0170881_2156408.jpg

大柄な体格ではないが、打席でも力強い構えから豪快なスイングを見せてくれるので、撮っていて非常に心地よい。
b0170881_2157929.jpg
b0170881_2157167.jpg

一方、田尻捕手もこの試合は5安打と絶好調。
b0170881_21574210.jpg
b0170881_21574946.jpg


(後半に続きます)

by photomoments | 2010-05-16 22:17 | 高校野球:練習試合 | Comments(8)
Commented by とらっき~ at 2010-05-16 22:52 x
学校グラウンドと球場とでは距離感が違うと思いますが
投手や打者や一番離れているサードを純正キャノンの300mmレンズで一塁側最前列から撮影した場合、
どの位の大きさに映るのか興味があります

本日、白レンズが到着しました。
思っていたよりも軽くてビックリしました
明日は長野の春季大会を観戦してきます
基本設定はAF1点、ALサーボでピクチャースタイルはシャープネスを
高めにして他は標準、露出だけ調整して勝負してきます!!(笑)
他に補足ありますか?
白デビューすごく楽しみです♪

Commented by photomoments at 2010-05-17 01:37
とらっき~さん、こんばんは!レンズGetおめでとうございます。
300mmF4はサイズ的に扱いやすいレンズでありながら、高い描写力を持っているので、存分に使って下さい。

そうですね、設定は大丈夫だと思いますよ。
試合前のノックでしっかり設定とフィーリングを確かめてみてください。
絞りは開放のF4のままでもいいかもしれませんが、私はF5程度にやや絞って使っていました。
ISOは200~400程度でいいと思います。

それよりも、嬉しさ(?)のあまり、コンパクトフラッシュやバッテリーの入れ忘れなどのないようにしてくださいね。
Commented by いっきゅう at 2010-05-17 20:12 x
乙訓高校ですか!
高校時代に練習試合をやっているだけに、思いで深いチームですね!
いつか、機会があったら自分も同行させて下さいね!!

ところで、いばさんの写真は何でこんなに画質がキレイなのですか??
自分のとは全然ちがいますよね?
これは、RAWとJPEGの違いですか??
Commented at 2010-05-17 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-05-17 23:51
いっきゅうさん、こんばんは!

数年前に訪れた時の乙訓高校はどんなだったんでしょうね。
私が訪れるようになって3年ほど経ちますが、その間にも校舎の建て替えや外野の芝生化など、学校はかなり変わりました。
もし機会があれば行ってみますか!

写真はJPEGでの撮影です。RAWで1日何千枚も撮影するのは無理です…。
(RAWで撮影するのはスポーツ以外のジャンルの時です)
画質がクリアに見えるのは、まず単焦点レンズであることが大きいでしょうね。
それから、撮影したデータの中からセレクトした写真(Blogに載せるような写真ですね)は1枚ずつ確認し、
Photoshopでレベル補正をかけるなど、きちんと見えるようにしているつもりです。
そうしたことも一因かもしれませんね。
Commented by photomoments at 2010-05-17 23:58
鍵コメさん、こんばんは!

同じチームを繰り返し撮っても、新しい発見があるものです。
今まで撮れなかった写真が撮れれば嬉しいし、撮りたいのが撮れなければ悔しい。そんな繰り返しです。

おっしゃるように、練習試合ならではの楽しみ方もありますね。
いいんじゃないでしょうか、自分の子供が卒業した後でも練習試合を楽しみにできるなんて!
Commented by boss_5th at 2010-05-19 23:50 x
インパクトの瞬間をとらえている写真に見入ってしまいました・・・。
もちろん、他の写真もいい瞬間をとらえていて、素晴らしいと思いますが・・・。

少し絞って撮るというのは最近感じていましたが、ISO200~400くらいにするといいというのは勉強になります。

私が野鳥撮影用に持っている望遠レンズは、400㎜F5.6ですが、MFですので、高校野球にはちょっと難しくて、
まだ1回しか使ったことがありません(^_^;)
それでも、投球フォームや打撃フォームはそれなりに撮れます(^_^)v

今週末2試合撮りに行く予定ですが、天候が気になります。
Commented by photomoments at 2010-05-20 07:09
boss_5th さん、おはようございます!

最近はすこしだけインパクトの瞬間を捉えられる確率が上がった気がします。
私が使っている1D3では、カスタム設定項目次第で最低感度が100だったり200になったりします。
それと、感覚的にはISO400までは画質面で支障なく撮れます。
これを500とか640まで上げていくと、ちょっと質が変わるように思えるので、200~400が普段使用する感度域です。

マニュアルフォーカス、私はとても使いこなせません…。bossさんはすごいですよ…。
私はオートフォーカス派ですから、撮影中は常にオートフォーカスです。
小刻みにピント合わせをし続ける機材たち。
機械の偉大さを痛感します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 練習試合 : 乙訓 vs 立命...      御堂筋 SPRING GALL... >>