人気ブログランキング |
2010年 05月 23日
練習試合 : 愛工大名電 vs 乙訓-1
b0170881_212418.jpg

8回表、二塁打を放った愛工大名電の4番 大村選手。あまり見たことがないきれいな体勢で二塁に進んだところをギリギリフレーミングできた。


第3試合は乙訓と愛工大名電の対戦。
普段はあまり声をあげて怒る印象が少ない末常監督だが、この試合では、大きな声で怒った場面が2度ほどあった。
ひとつはバットスイングの判定をめぐるもの。
第2試合と第3試合は主審を招いて行われたが、塁審は乙訓の部員たちが務めていた。
スイングの判定をめぐり、捕手がスイングではないかとアピールした場面で、捕手のアピールに対し、主審が塁審に判断を仰いでいない段階で塁審がスイングのジャスチャーを出したことに対して怒った。
審判員のみで構成されていれば起こりえないだろうが、野球経験のない私にしてみたら、審判間の連携を意識することなく観戦していたことに初めて気づかされたひとコマだった。
もうひとつは走塁に関して。
乙訓の攻撃は、打撃力というよりも、走塁を効果的に絡めた機動力が持ち味だと思うが、この試合で走塁に関する基本的なミスが出たことに対し、監督から厳しい声が飛んだ。
こうしたミスは必ずしも記録(スコア)には残らないかもしれないが、最後の夏に向けて見過ごすわけにはいかないと考えたのだろう。


b0170881_2261880.jpg

乙訓は3回表に三塁打で2点を先制された直後、スクイズを外させて三塁走者を三本間で挟殺した。
b0170881_2262993.jpg
b0170881_2263552.jpg


b0170881_2264083.jpg
b0170881_22134886.jpg
b0170881_22135470.jpg
b0170881_2214210.jpg
b0170881_2214964.jpg
b0170881_2215452.jpg

(後半に続きます)

by photomoments | 2010-05-23 22:22 | 高校野球:練習試合 | Comments(2)
Commented at 2010-05-24 17:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-05-24 21:32
鍵コメさん、こんばんは。
鍵コメさんの予想通り、昨日は写真整理などで時間があっという間に経ってしまいました。

いろいろな学校での練習試合を観ていて、保護者の方がいる中でも厳しく指導する各校の監督さんたちは大変だなぁと思うのですが、
保護者・監督・部員相互に信頼関係があればこそなのでしょうね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 練習試合 : 愛工大名電 vs...      練習試合 : 立命館 vs 愛... >>