人気ブログランキング |
2010年 06月 13日
大坂城
b0170881_2323636.jpg

大坂城南西側の大手前芝生広場から、南外濠に面して折り重なる石垣の形状を狙い、モノクロームで表現した


私が住んでいる地域の自治会の活動として、写真講座があります。
写真・カメラマニアが集まるというよりも、上手下手は関係なく、ご近所の人たちで年に4回程度撮影に出かけ、後日写真を持ち寄って作評会を開いています。
自治会にフォトスタジオを開いている方がいて、その方の主宰の下にコアメンバー10人程度で構成されているのですが、年齢的には60歳手前から80歳くらいまでの方々の中で私だけが30代。
でも年齢とか関係なく非常に居心地よい集まりで、いつも楽しみにしています。

そんな写真講座で先月出かけたのが大坂城(大阪ではなく「大坂」としています)。
大坂城の石垣にフォーカスすることを主題とした撮影会に、EOS Kiss X3と三脚、それといくつかのレンズを携行して参加しました。
城郭といえば天守や櫓などに目がいきがちですが、石垣もまた城郭に欠かせない要素です(もちろん、土塁のみの城郭もありますが)。
大坂城は大坂夏の陣のあと、徳川幕府が豊臣期の城郭をすべて破却して埋め、その上に縄張をし直して天下普請で再建したものだけに、石垣を見ても、急速に築城技術が進化した慶長期以降の城郭であることが伺えます。
大阪に何年も住みながら大坂城を訪れるのは今回が初めて。
事前に理解している石垣の雄大さや形状の美しさだけでなく、現地に足を運んで初めて見えてくる石垣の面白さをどれだけ見つけられるか、そんな思いで臨んだ撮影でした。


大手門をくぐって場内に入り、空濠に面した石垣を見たところ。打込み接ぎで作られた石垣の隅石はかなり巨大だ。
b0170881_075820.jpg

b0170881_959625.jpg

そのまま南外濠に面した石垣沿いに歩く。石垣の高さと美しい勾配に築城技術の高さを感じる。
b0170881_018589.jpg

石垣の合間を縫うように伸びた樹木、ホゾを切った部分から一輪挿しのように育つ草花。時を経て自然な状態で植物と同化しているのも石垣の魅力と思えた。
b0170881_019454.jpg
b0170881_0191194.jpg

南外濠を歩くうちに見かけた石垣の下部。隅石が砕け、二つの石同士が緊張感を放ちながら静止している姿が印象深い。
b0170881_0263973.jpg


場内を巡り、天守西側のスペースで昼食。
b0170881_118498.jpg

そのとき、天守北側の石垣の上で寝転がって休んでいる人に目がとまった。
空の青、クリスタルタワーのガラスの青とパーカーの赤色の対比を写真におさめたいと思った。
b0170881_110559.jpg

昼食を撮っていると、人に慣れた雀や鳩がご飯を求めて近寄ってくるのには驚いた。ここに来る人たちは危害を加えないことを知っているのだろう。
Iさんがご飯を投げると、数羽の鳥が一斉に群がってくる。
中には、Iさんの指先に載せたひと粒の米を求め、一段ずつ石段を上がり、米をついばむ雀もいた。
繰り返し3回ほど撮影にトライして、ワンショットに賭けて米をくわえた瞬間を撮ることができた。
いつも野球撮影に使っているEOS-1D MarkIIIだったらもっと容易に撮れたと思うが、Kiss X3でも普段撮ったことのない鳥を撮れたのでよかった…。
b0170881_117357.jpg
b0170881_1174235.jpg


by photomoments | 2010-06-13 12:14 | 建物・街・風景 | Comments(20)
Commented by とらっき~ at 2010-06-13 21:09 x
石垣だけでも十分、絵になる写真ですね!
最後の写真はこれ以上ない瞬間をとらえていて
ビックリしました!!!
Commented by kou-ramu at 2010-06-13 21:21
こんばんは!

最後の写真ベストショットですね!
さすがに、普段動き物を撮影されてるので(^_-)

ご近所で、年に4回程度撮影に出かけ、後日写真を持ち寄って作評会を開くっていいですね!
うちのご近所、私が知らないだけかしれませんけど、
あまり写真撮影されてるって聞かないのでうらやましいです(^_-)

Commented by ゼク at 2010-06-13 23:48 x
自治会にそんなのがあるんですか!いいですね~~!
僕はずっと大阪なので大阪城はもう分からないくらい行っています。
天守閣は昭和に入ってからの建設なのでそんなに思い入れはないですが、
重文も何棟かあって、意外と歴史の深いところだと気付きます。
季節に分けて行ってみると面白いかもしれませんね!
Commented by photomoments at 2010-06-14 07:51
とらっき~さん、おはようございます。

被写体としての石垣が思っていた以上に面白く感じて、
三脚を据えてライブビュー機能で構図とピント合わせを行って…という作業を楽しむことができました。
以前はかなり億劫だった三脚を持ち出しての撮影でしたが、最近は積極的に持ち出すようになりました。

最後のスズメの写真は、掲載した画像でもわかるようにピントがやや甘いのですが、
撮れただけでよしと思っています(笑)。野球だったら絶対悔しがってしまうと思いますけど…。
繰り返し来てくれたスズメに本当に感謝です!
Commented by photomoments at 2010-06-14 07:54
kou-ramuさん、おはようございます。
いやいや、動き物といっても…(笑)。
スズメがいつ米粒に向かって飛び上がるのかがまったく予測不能でしたし、
カメラのタイムラグも違うので、何回トライしても無理なんじゃないかと思いながら撮ってました。

今週末はその作評会が開かれる予定です。
撮影会は平日開催の時もあって必ず参加できるわけではないのですが、
それでもいつも「おー、よく来たねー」と言って迎えてくれます。
本当に居心地よくて楽しい集いです。
Commented by photomoments at 2010-06-14 07:57
ゼクさん、おはようございます。

自治会の集まりとしては本当に貴重だなぁと思います。
おかげで、ここでいろいろな人と知り合うことができました。

天守が昭和に入って再建されたことは撮影会に参加された皆さんがご存知でしたが、
石垣が徳川幕府が新規に作り直したものであることは知らない方もいて、
「なんやー、太閤さんのお城かと思ったのに、値打ちが減ったなぁ」
なんて言われる方もいて面白かったです。
天守と言えば、天守南西側に設置されたガラス張りのエレベーターシャフトは撮影泣かせでした。
だから天守の写真は全景でなくて破風をクローズアップしたものだけを掲載しました。
バリアフリーはもちろん必要ですが、もう少し見え方に配慮してほしかったなぁと思いましたね。
Commented by ゼク at 2010-06-14 15:45 x
元々、天守閣は御堂筋で有名な関市長の時代に市民の寄付募金で
出来たSRCの城型ビルなのでエレベーターを付ける発想が
出てきたんでしょうね。これが国宝姫路城や彦根城では
あり得ない話ですから・・・・・。

僕も不勉強なのですが、確か豊臣時代の石垣の上にそのまま
徳川時代に被せるようにして石垣をつくったのではなかったでしょうか?

しかしそれにしてもphotomomentsさんの写真はいいですね~!
家もおそらく近いと思うのでいつか撮影会しましょう!!
Commented by じょー at 2010-06-14 20:36 x
お久し振りです。
最近、新たな悩みが発生しました。一塁側の少し外野寄り(アルプススタンド?)から、打者を狙って撮ってるんですが、時々、3塁ベンチの選手にピントが合い、肝心な打者がピンぼけすることがあります。本拠地を持たない、独立リーグは、県内の球場を回ります。カメラ席がある球場は、少なく、殆どが、お客さんに開放されてないスタンドが、カメラ席になります。

 一応、打者に、ピントを合わせて半押しで待ってるのですが、上手にいきませんね。
Commented by photomoments at 2010-06-15 08:07
ゼクさん、おはようございます。
そうですね、おっしゃるとおり再建天守だからできることですね。
多くの人は南側から天守にアプローチしてきて写真を撮ると思うんですが、
その時にガラス張りのエレベーターシャフトが必ず写ってしまうのは興ざめじゃないかな?と思いました。

大坂夏の陣の後でかなり大規模に盛土をして豊臣大坂城を埋めてしまい、その上に再建したのが今の大坂城ですね。
地下や大坂城周辺に、今の大坂城の整然とした打込み接ぎではなく、粗野な野面積で作られた石垣が残されているので、
今回の撮影でこれらも見ておけばよかったな… と思います。

いやー、ありがとうございます。光栄ですね!
たぶん歩いても30分くらいのところだと思いますし、ゼクさんは私の家の前の道路を通ったことがあるはずです(笑)。
どんなジャンルであれ、一緒に撮影に行ってみたいですね。
どうぞよろしくお願いします!
Commented by photomoments at 2010-06-15 09:44
じょーさん、おはようございます。久しぶりにHPを拝見させていただきました。

なかなか不具合の原因を判断するのは難しいところですが、
一塁側の少し外野寄りからの撮影というのは被写体までの距離が少々遠く、撮影条件としては大変かもしれません。
(ちなみに私はコーチャーズボックスの後ろあたりから撮影することが多いのです)
たしかレンズは70-200mmをお使いだったと思いますが、焦点距離は望遠端の200mm主体で撮影されていますよね?
被写体をなるべく大きく捉えることが安定したオートフォーカスにつながると思いますので、念のため挙げさせていただきました。
そのうえで、ピンボケする原因が何なのかを突き詰めるには、可能性(要因)を一つずつ消していくしかないと思います。
被写体がAFポイントから外れて背後に合っていないかとか、安定して撮れる背景がどんな条件なのか とか…。
撮ったことのある球場だったら、原因はあれかな?などと思いつくこともありそうですが。
あまり回答にならなくてすみません…。
Commented by ゼク at 2010-06-15 10:58 x
家の前の道を通ったことがあるんでしょうか・・・・!!
そんな大きな道に接しているんですね!
こんど注意深く見てみたいと思います。
Commented by トラ建設 at 2010-06-15 12:52 x
こんにちは。
石垣の写真、すごく気に入ってしまいました。
またまた、勝手に壁紙にさせていただきました(^^)
Commented by photomoments at 2010-06-15 20:24
ゼクさん、こんばんは。
おそらく一度は通ったことがあると思いますよ。
幹線道路ではないのですが、それなりに通行量の多い道ですので…。

Commented by photomoments at 2010-06-15 20:38
トラ建設さん、こんばんは。お久しぶりです。
果たしてどの石垣の写真を壁紙にチョイスされたんでしょう???
とにかく気に入っていただけて嬉しいですね!

Commented by boss_5th at 2010-06-16 23:53 x
最後の写真は、流石ですね!!腕があれば、カメラは少しくらい性能が落ちても
(失礼な表現かもしれませんが・・・)、これだけの写真が撮れるのだと感心しました・・・。

中・高と城下町で過ごしましたので、城には興味があります。もちろん石垣にも・・・。
大坂城の写真を拝見して、ここは撮るかもしれない・・・。ここに目がいくとは・・・。
と、あーでもない、こうでもないと感心しきりでした・・・。

寝転んでいる人の写真は、クリスタルタワーがワンポイントというか、いい感じだなぁと思いました。
もちろん、人物も・・・。

普段、ほんの一瞬をとらえることに努めていらっしゃるからこそ、このような写真が
撮れるのだろうなぁと、ため息交じりに拝見しました。

私は、最近、紫陽花ばかり撮っていましたが、久しぶりにダルメシアンを撮りました(笑)
Commented by photomoments at 2010-06-17 07:43
boss_5th さん、おはようございます。
スズメの写真は本当に必死でした。こんなに間近で鳥を撮れるとは思わなかったので興奮しましたし。
(腕よりも運に助けられた気がしますが…)

カメラを持って出歩くと(あるいはカメラがなくても)、目に見えるいろいろなものを、
「あれ面白そうだな」とか「あれはどうやって撮ろうか?」とか思うときが最近増えたように思います。
何気なく構図などなど考えているのかもしれません。
石垣に寝転がる人の写真は、構図を考えてあっちこっち動きながら撮った1枚です。
お願いだから、構図を決める間に起き上がらないでくれ…と考えてました(笑)。

今回50mmの単焦点レンズを使った写真が多かったのですが、
構図は足で動いて決めるしかないのも面白かったです。
Commented by トラ建設 at 2010-06-17 13:05 x
1枚目は、これがあの大坂城かっ!という感の1枚で、
晴れた暑い日はこの写真。
ダイナミックな石垣と静かなお堀とのコントラストが印象的な4枚目は、
梅雨空のうっとうしい天気の日に。
日替わりで考えております。
Commented by photomoments at 2010-06-18 21:30
トラ建設さん、教えていただいてありがとうございます。
お天気次第で日替わりというのが面白いですね(笑)。

ちなみに私は、1枚目と7枚目がお気に入りです。
1枚目はモノクロに変換することでグッと雰囲気がよくなったと思います。

Commented by mozqman at 2010-06-18 22:01 x
よく撮れましたねぇ。ヨーロッパの雀は人になつきやすく、シベリア辺りまで侵出していて、日本にもやがて棲みつくのではと、ラジオで聴いたことがあります。日本雀がこんなになれるとは。お城の写真では大樹がいちばん好きです。「水辺の大樹」というテーマに発展もできると思います。けっこう見かけます。
Commented by photomoments at 2010-06-19 07:38
mozqさん、おはようございます。
ヨーロッパのスズメは日本のスズメとは違うということですね?そんなこと考えたこともありませんでした!
ここのスズメたちは本当によく慣れたスズメでした。

mozqさんは大樹がよかったですか。ありがとうございます。
10-22mmのレンズで撮影したので、換算16mmの画角があったのですが、
いろいろなアングルを試みてもなかなか意図したようなダイナミックさと石垣と一体化した様相が撮れず、苦心しました。
おっしゃるとおり、水辺の大樹という視点で見ていくと、いろんなところで被写体を見つけられそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 瀬戸内逍遥-2 しまなみ海道 ...      京滋大学野球連盟 大谷大学 v... >>