2010年 06月 20日
瀬戸内逍遥-2 しまなみ海道 多々羅大橋
6月に入り梅雨となったこともあって、まったく野球関連の撮影に行けない日々が続いています。カメラを持って外出することすらありません…。
というわけで、5月末に故郷の広島に帰省した際に撮影した写真を何回かに分けてアップしたいと思います。
※「瀬戸内逍遥」と銘打った記事は半年ほど前に鞆の浦について掲載して以来となります。


私の故郷は瀬戸田町という瀬戸内海の島だ(現在は合併により尾道市となっている)。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)によって本州から四国まで道伝いにつながった島だ。
広島県尾道市と愛媛県今治市の間に10本の橋を架けたしまなみ海道は、1999年の来島海峡大橋と広島・愛媛県境に架かる多々羅大橋、そして新尾道大橋の開通によって架橋工事を完了した。
私はその頃には既に就職で東京に住んでいたが、年に2回ほど帰省するたびに、自分の故郷に架かる多々羅大橋を見に行っていたたように思うし、それは今でも変わらない。
多々羅大橋は全長1,480m、中央支間長(主塔と主塔の間の長さ)890mという当時世界最長の斜張橋。
斜張橋と言えば横浜ベイブリッジが有名だと思うが、多々羅大橋は主塔から展開する計168本のケーブルの広がりと、高さ226mに達する主塔の形状の流麗な美しさが特徴で、個人的には世界で最も美しい橋のひとつに挙げてよいとも思っている。
この多々羅大橋は、1973年の当初計画では吊り橋で計画されていた。
当時購入した土木技術誌「土木施工」(1999年4月号)によると、斜張橋は吊り橋に比べて高度な構造解析が求められるため、当時の技術水準では吊り橋とするのが妥当な計画だったが、吊り橋のメインケーブルを固定するアンカレイジの設置によって瀬戸田町側の生口島(いくちじま)に巨大な切土法面が生じることなどが課題だったらしい。
その後、オイルショックによる本四架橋の着工が延期された。
そして土木構造技術の進化で、斜張橋でもこの規模の橋梁建設が可能になったことで斜張橋案が採用された。


今回の帰省では自分の故郷の島だけでなく、普段あまり行くことのなかった島にも足を延ばすつもりで、カメラと数本のレンズ、そして初めて三脚も持参して帰省した。
カメラはプロユースのEOS-1D MarkIIIではなく、小型軽量な入門機 EOS Kiss X3をチョイスした。
その狙いは、荷物の軽量化ももちろんだが、1,500万画素のX3を使い、ライブビューで厳密なピント合わせをして精緻な写真を撮りたかったことと、1D MarkIIIではEF17-40mmを使って広角端約22mm相当が限界なのに対して、APS-Cサイズのセンサーを搭載したX3なら、EF-S10-22mmを使えば約16mmからの広角撮影が可能になることにあった。

今回は初めて夕刻の多々羅大橋を撮ってみた。
対岸の愛媛県側 大三島からは橋の全景が撮りやすいのだが、広島県側では島の山稜に遮られるために撮影ポイントが限られる。
以前からよく撮影していたポイントに向かい、ちょうど干潮時だったこともあって、堤防の足元の石積みされたところに降りて三脚を使って撮影した。
b0170881_2044531.jpg

残念ながら、狙っていた夕焼けの広がり具合はもうひとつ…。それでも「瀬戸の夕凪」で海面は穏やかな表情を見せてくれた。
b0170881_20515477.jpg
b0170881_205231.jpg

懲りもせず、翌日午前には日中の多々羅大橋を同じポイントから再度撮影。
b0170881_20534912.jpg

b0170881_0515367.jpg
多々羅大橋を渡って対岸の大三島にある大山祇神社に参拝した帰りにも撮影した。やはりこちらからのほうが撮影可能なエリアが広いことを実感。
橋の後ろに見える島が瀬戸田町の生口島。226mの主塔は島の最高峰、標高472mの観音山の半分近くにもなる。
b0170881_20553420.jpg


しまなみ海道は他の本四架橋2ルートと異なり、地域の生活道路としての性格も色濃く持っている。
だから尾道から今治まで、徒歩でも自転車でもずっと通行することができる。
(最近は徒歩で橋を渡る人や、自転車でツーリングする人も多く見かけるようになった)
大三島から橋を渡って帰ってきて、パーキングエリアに車を停めて、多々羅大橋の歩行者・自転車・原付の料金所まで歩いてみた。
自動車道路の下をくぐると、真っ暗な暗渠のその先に瀬戸内海が見える。
b0170881_212797.jpg

パーキングエリアから1km近く歩いて料金所に到着。間近で目にした斜張橋のケーブルは思っていたよりもずっと細いものだった。
「土木施工」によれば、このケーブルは直径7mmの鋼線を最大379本まとめてできていて、表面をポリエチレン被覆したもの。直径は約170mm。
表面被覆の模様は、レインバイブレーションという現象への対策として施された とのことだ。
b0170881_214129.jpg

b0170881_2152863.jpg


by photomoments | 2010-06-20 22:06 | 建物・街・風景 | Comments(12)
Commented by とらっき~ at 2010-06-21 00:20 x
橋だけではなく 空模様も上手に表現されていますね
スバラシイです!!!
何時ごろ撮影された写真なのですか?
風景写真では絞りはF11位ですか?

明日、雨が降ることを祈って紫陽花撮影に出かける予定です
Commented by photomoments at 2010-06-21 07:12
とらっき~さん、おはようございます&ありがとうございます。

夕闇の写真は、19時~19時30分にかけて撮影したものです。
なかなか日が落ちなくて驚きました。

絞って撮影したい時はF8くらいで、絞り込んでもF11までを目安にしています。
F8にすれば画像の端部でも描写がおおむね整うと思っています。
どうしてもスローシャッターにしたい時はF16くらいにする場合もあります。

紫陽花の撮影ですか!この時期ならではですね。
野球撮影に行きたい私は、休日に雨が降らないことを期待しているので、
雨が降ることを祈って と書いてあるのに、降らないことを祈って と読み違えてました…(笑)。
よいのが撮れたらアップしてください!

※とらっき~さんのページ、リンクを戴いてもよろしいですか?
Commented by とらっき~ at 2010-06-21 08:33 x
今朝、棚田撮影と紫陽花撮影に出かけてきました
紫陽花はまだちょっと早かったみたいで・・・
ちょうど小雨降りチャンスと思ったのですが 残念!!><

リンク大歓迎です!!
私、やり方よく分からないのでお願いします

Commented by photomoments at 2010-06-21 21:24
とらっき~さん、こんばんは。朝早くから撮影に行かれたんですね。
棚田はブログに掲載されていた所でしょうか?

先ほど訪れましたらリンクできてましたね。
Excite同士ならものすごく簡単にリンクできるので驚きませんでしたか?
Commented by frxys777 at 2010-06-22 00:14
はい!先日、行ってきた棚田に
先日、全く気づかなかった『文字』を撮影してきました

エキサイト同士ということで迷わずリンクできましたが
他ブログにリンクする時はどのページの何処から入れば
リンクできるのか教えてください
なかなか見つからなくって…(泣)
Commented by hiromi at 2010-06-22 00:51 x
瀬戸田には伯母が住んでいたので、子供の頃行ったことがあります。
当時は、三原から船に乗って行ったような・・・もう、道続きになったんですねw
夕焼けの赤がすごくきれいですね。
Commented by IONN at 2010-06-22 13:27 x
こんにちは
しまなみ海道は触れられている通り自転車でツーリングをしたい場所の候補です。
なかなか行けないんですけれどね。
新幹線や在来線で輪行して行くのが一番いいと聞いています。
わりと自転車乗りには昔から有名なルートだったりします。
びわ湖にはさざなみ街道という路線があってこれもツーリングには気持ちのいいルートで、
水の近くというのは走りやすい印象です。
Commented by photomoments at 2010-06-22 22:55
とらっき~さん、こんばんは!
棚田の文字、改めて拝見しましたが、面白いですね。
でもあの文字はいつまであのままなんでしょう…。田んぼがスカスカだけどいいんでしょうかね?

エキサイト以外のブログのリンクについてはちょっと難しかったです。
私も当初わからなくて、いろいろと調べて設定できるようになりました。
やり方はとらっき~さんのブログにでもコメントしてお伝えします!
Commented by photomoments at 2010-06-22 23:00
hiromi さん、こんばんは!お久しぶりです。
私の故郷にいらしたことがあるんですか!奇遇というか世の中狭いというか…、驚きました!
おっしゃるとおり、三原から船でアクセスするのが一番便利でしたので、つい最近まで三原経由で帰省していました。
ちなみに、しまなみ海道ができて以降も三原行き、尾道行きの船はあります。
ありますが、利用者は少なくなりましたね…。
かく言う私も最近は、福山から今治行きの高速バスに乗って帰省しています。
Commented by photomoments at 2010-06-22 23:07
IONNさん、こんばんは!
実は昨年秋に帰省した時、CYCLE MODE しまなみアイランドライド2009 というイベントが開催されていて、
数百人の自転車愛好家がしまなみ海道を走り抜けていきました。
そこまで本格的でなくても、レンタサイクルで橋を渡っている人も多く見かけます。
関西からは遠いけど、IONNさんもぜひ一度しまなみ海道を走ってみてください!
Commented by boss_5th at 2010-06-26 20:26 x
こちらのブログには、高校野球の写真を拝見するために訪問するように
なったわけですが、建物やこういった風景写真も見られて、いろいろと勉強になることばかりで、
私にとっては、このブログを訪問するのが、いつも楽しみになっております。

ここのところ、野球の写真が全く撮れませんので、アジサイとダルメシアンに走っております(笑)

最近は、「がんばろう、宮崎!」という写真を時々作成して、ブログに掲載しております。リンクしてみました(^_^)v

夏の宮崎県予選の写真撮影が許されることを祈りつつ、イメージトレーニングを始めようかと
考えておりますが、どうなりますやら・・・・。
Commented by photomoments at 2010-06-27 08:38
boss_5th さん、おはようございます。こちらこそ、いつもありがとうございます!

ブログ拝見いたしました。
口蹄疫の深刻さが解消されないままに参議院選挙を迎えることになりましたね…。大丈夫なのでしょうか…?
ただでさえ政府与党の初動の拙さなどが目に余りますが、選挙でまた対応が二の次になりはしないかと懸念しています。
宮崎の方々の苦悩と疲労、お察しします。

ブログを拝見すると、宮崎県予選は無観客試合の予定ですか…。
夏の大会が行われないよりはよいですが、何とも味気ないことです。
口蹄疫の早期の終息を祈ります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 瀬戸内逍遥-3 亀老山展望台      大坂城 >>