人気ブログランキング |
2010年 06月 23日
瀬戸内逍遥-3 亀老山展望台
b0170881_21455445.jpg

絶好のビュースポット、亀老山展望台だったが、あいにくの重い曇り空…


しまなみ海道の最も四国寄りにある来島海峡大橋を一望できるスポットとして有名な亀老山(きろうざん)展望台。
この展望台の存在は、現在では著名な建築家となった隈研吾が設計したことで早くから知っていたのだが、今回の帰省で初めて訪れてみた。
来島海峡を挟んだ大島にある亀老山の山頂部に、展望台としての姿が遠望できないように山中に埋め込んで作られたこの展望台。
次の日に島巡りをして今治に渡ったときに船上から亀老山を見たのだが、肉眼ではそこに展望台があることを認識できなかった。
優れた景色を「見る場」であるはずの展望台が、その存在意義とは逆に「見られる」存在となってしまい、景観を損ないがちだ とする隈研吾の着眼点は、亀老山展望台で巧みに具現化されたと思う。
b0170881_22111093.jpg


だが、隈研吾も予想しなかったと思われる現象がそこにはあった。
展望台の手摺の横桟に無数に取り付けられた南京錠。恋人や夫婦が南京錠にその思いをマジックペンで書き、ワイヤー製の横桟に取り付けられている。
風に吹かれ、人の手で動かされた南京錠の相互の距離感・バランス感が絶妙で、カメラを向けてしまった。
b0170881_227566.jpg
b0170881_2271477.jpg


by photomoments | 2010-06-23 22:19 | 建物・街・風景 | Comments(8)
Commented by IONN at 2010-06-23 22:52 x
曇りながらも一枚目は印象的ですよね。
この南京錠の情景はいつだったかテレビでも見たような気がします。
しまなみ海道に行ったら是非行かなくては。

ふと1枚目と4枚目の雲の中での極端に明るい場所を見て
あぁ、Canonらしさってこんなところもあるんだなと思いました。
以前使用していた例のものもCanonで極端に明るいものを入れると
こんな感じだったよなぁと思い出しました。
最近使っているものは極端に明るいものを入れても
少し違った描写をしていて、
こんなところに差が出るんだと改めて気付きました。
Commented by photomoments at 2010-06-24 07:34
IONNさん、おはようございます。
ここはしまなみ海道のなかでも指折りの眺望スポットだと思いますから、自転車で来られるときにはぜひ登ってみてください。
自転車では坂道がしんどいかもしれませんが、自転車乗りのIONNさんなら大丈夫でしょう。

実は私も南京錠の件を知ったのは、今年の2月頃BS JAPANで放送していた「写真家たちの日本紀行」を見たときでした。
写真家の合地清晃さんが尾道から今治まで訪れる番組のなかで亀老山展望台が紹介されて、南京錠を撮影したシーンがありました。
IONNさんもそれを見たのではないでしょうか?

画づくりについては別メーカーとの撮り比べをしたことがないのでよくわかりません…。
今回の帰省ではほとんどすべてRAWで撮影しているので、現像によっても違いがでているのかもしれませんが。
ただ、機種による違いは感じるときも多いので、今回撮影したX3ではなく1D3だったら、また違う写真が撮れていただろうと思います。
Commented by とらっき~ at 2010-06-24 22:42 x
一番下の写真 ハートを見つけた時
心が躍りませんでしたか?

私は応援席で球児のバッグをたまに撮影しますが
バッグに付いているお守りを発見した時に心が躍ります
Commented by photomoments at 2010-06-25 06:41
とらっき~さん、おはようございます。

南京錠ばかり並んでいるところにハート型があるとは思わなかったですね。
だから、これをモチーフにした写真を撮ろうと考えたのは自然ななりゆきです(笑)。
確かに、野球部のマネージャー手作りのお守りも目を惹きますね。
そうした気づきのこころを忘れないようにしたいと思っています。
Commented by boss_5th at 2010-06-26 20:17 x
一枚目の写真の眺めが最高だなぁと思いました。
構図もばっちり決まっていて、素晴らしいですね!!

南京錠の写真も面白いですね!私も間違いなく撮るでしょう(笑)

↑ マネージャーさんのお守りは、また撮ったことがなかったので、
いいアイディアをいただいたように思います。
機会があれば、撮らせてもらおうと思います・・・。
Commented by photomoments at 2010-06-27 08:20
boss_5th さん、おはようございます。

トップに掲載した来島海峡の全景写真は、実はいろいろな設定(露出、シャッタースピード、焦点距離等々)で撮ったのですが、
自分の夕景写真撮影の経験の浅さから納得いくものが撮れませんでした。
とりあえず一番マシなのを載せましたが、再チャレンジしたいですね。

マネージャー手作りのお守りもいろいろあるから面白いと思っています。
それから、部員の帽子のツバに書かれた言葉もまたいいと思いますよ。
Commented at 2013-01-29 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-03 08:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 野球部練習訪問:龍谷大平安高等...      瀬戸内逍遥-2 しまなみ海道 ... >>