2010年 08月 15日
第92回高校野球選手権大会 : 新潟明訓 vs 京都外大西
まずは第1試合の新潟明訓vs京都外大西 から。
普段京都の高校野球に足を運ぶ私としては京都代表 京都外大西の敗戦は残念だが、三塁側(新潟明訓側)で撮影し、新潟明訓の選手たちを間近に見ながら思ったのが、チームの雰囲気のよさだった。

昨年の日本文理の準優勝にも表れているように、かつてとは異なり、新潟の高校野球は確実に強くなっていると言えるだろう。
打席に立った選手たちのスイングも鋭く、力強いものがあった。

※いつもと少し趣向を変えて、いくつかの写真はやや大胆にトリミングしてみました。
 また、撮影時の設定データも添えてみました。

京都外大西   000 020 010  3
新 潟 明 訓   111 002 00X  5
(2010年8月13日(金) 甲子園球場 第1試合)

新潟明訓は池田投手が先発。対する京都外大西の先発は背番号11の佐藤投手。京都外大西は今回も夏・甲子園限定のユニフォームでの登場となった。
b0170881_238292.jpg

絞り優先AE, Tv=1/800sec, F3.5, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,200K, jpeg
 
b0170881_2381185.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,000sec, F3.5, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,200K, jpeg

b0170881_2382883.jpg

絞り優先AE, Tv=1/3,200sec, F3.5, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,200K, jpeg

b0170881_2383656.jpg

絞り優先AE, Tv=1/1,000sec, F3.5, ISO=250, 評価測光, 露出補正=+1/3, AI Servo AF, WB=5,200K, jpeg

3回表、京都外大西は二塁打で出塁した佐藤投手を三塁に置く場面でスクイズを敢行したが、新潟明訓に外されてしまい得点を挙げることができなかった。
b0170881_2384813.jpg

絞り優先AE, Tv=1/1,600sec, F3.5, ISO=400, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,800K, jpeg

3回裏、ファールエリアに上がった打球を捕球する下村選手。
b0170881_2385665.jpg

絞り優先AE, Tv=1/1.250sec, F3.5, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

b0170881_239328.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,500sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

京都外大西は3回裏途中から背番号1の中村投手にスイッチ。
b0170881_23112192.jpg

絞り優先AE, Tv=1/4,000sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

b0170881_23112990.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,500sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

5回表、京都外大西の4番 金瀬戸選手が左前適時打を放つ。
b0170881_23114443.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,500sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

二死一・二塁で西下選手は中飛に打ち取られ、攻守交替。京都外大西はこの回2点を返した。
b0170881_2312873.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,500sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

6回途中から新潟明訓は神田投手が登板。京都外大西の追撃を1点に抑えた。
b0170881_23121894.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,500sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

6回裏に新潟明訓が2点を追加し、点差を広げた。
鋭いスイングの3番 田村選手の左前打で二塁から町屋選手が本塁に突入したが、レフトに回った下村選手の好返球で久須美捕手が3点目を阻止した。
b0170881_23122727.jpg

絞り優先AE, Tv=1/2,000sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

8回表、途中出場の柴田選手が左中間に三塁打を放つ。この回京都外大西が1点を返した。
b0170881_23123422.jpg

絞り優先AE, Tv=1/1,250sec, F4.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg

校歌斉唱後、アルプススタンドへの挨拶を終えてベンチに引き上げてくる新潟明訓の選手たち。
b0170881_23124264.jpg

絞り優先AE, Tv=1/500sec, F5.0, ISO=250, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,400K, jpeg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-15 00:04 | 高校野球:甲子園 | Comments(10)
Commented by at 2010-08-16 09:46 x
下村くんのナイスショットをありがとうございます!
がんばってる先輩の姿は後輩の励みになります。

photomomentsさんでもピントが合わない写真もあるんだーと
ちょっとびっくりでした。
そうですよね。ぜんぶバッチリってことはないですものね。

カメラの件ではいろいろとアドバイスいただきましたのに
結局26倍ズームに惹かれてデジカメを買いました。
中学のあいだはこれでがんばって撮ろうと思います。
高校球児になるときに一眼がほしくなるくらいの写真が撮れるように。。。

なんかいろいろ質問したいことがいっぱいあるんですけど
もう少し撮って経験してからにします。



Commented by boss_5th at 2010-08-16 15:11 x
これまで膨大な数の写真を撮影してこられた上で得られたであろう、貴重なデータを公開していただき、
感謝に堪えません。カメラの性能・レンズの性能など条件的な違いはいろいろとあるとは思いますが、
参考にさせていただきます。ありがとうございますm(__)m

プロの写真家の方から、「アマチュアはすぐにExifデータを知りたがる。情報を欲しがるのはいいが、
自分のカメラやレンズの性能を自分の腕で試し、データを蓄積し、その上で技術をあげていかなければ、
決して上達はしない。」と言われたことがあります。

それ以来、自分なりに考え、気付いたことは撮影ノートに書きつづっています。最近は、汗をかいた分
必ず上達すると信じて頑張っております。
Commented by boss_5th at 2010-08-16 15:18 x
今回の写真は、これまで拝見してきた写真とは一味違って、これはこれでまた見応えがありますね。

トリミングされたことで、逆にカットされた部分が気になったりもして(笑)、面白いなぁと思います。

被写体の選手たちがより大きくなったことで、表情や動作、ほとばしる情熱、そして気迫。甲子園の土。
そういったものがより鮮やかに、そして大胆に表現されていると思いました。
(長くなって、何を書いているのかわからなくなりましたが…(^_^;))

私にはまだまだ遠い世界だなぁと痛感させられましたが、とても勉強になりました。ありがとうございますm(__)m
Commented by photomoments at 2010-08-17 08:12
雫さん、おはようございます。
雫さんのニーズにお応えできていてよかったです(笑)。
三塁側からの撮影だから撮れる写真を撮りたい と思いながら1日過ごしていました。

カメラ購入されたんですね。拝見いたしました。
(私が勝手に想像したよりも)撮影された画像の解像感が高いですね。ちょっと驚きました。
一眼レフではないから、シャッターを押してから撮影されるまでのタイムラグは長めだと思いますが、インパクトに近い場面が撮れてますね。
お見事です!
そのタイムラグを考慮して撮影されていると思いました!

もし何か気になること等ありましたら、また何なりと…。
わかる範囲でですが、お答えしたいと思いますので!

Commented by photomoments at 2010-08-17 08:35
boss_5th さん、おはようございます。

撮影データの掲載は自動ではできないので、1枚ずつ元データのExifを見ながら手入力です。
思ったより大変だったので次戦の記事では断念してしまいましたが、概ね同様の撮り方をしています。
ただし第4試合は日も落ち、照明も点灯するので、設定はかなり変わっていますが…。

Exifデータについては本当におっしゃるとおりだと思います。
同様の設定をしたからといって、機材等の条件で、そのとおりに設定するのがベストかどうかはわからないと思います。
たとえば、絞り優先AEで撮るべきなのか、シャッタースピード優先で撮るべきなのかという「入り口部分」についても人それぞれだと思います。
この点については今回の甲子園撮影で自分なりの方向性が見えた気がしています。
掲載した撮影データは、あくまでひとつの参考 ということでご覧ください。
むしろboss_5th さんのように、撮影メモを残すことの方が自分自身への蓄積になると思います。
Commented by photomoments at 2010-08-17 08:35
(続きです)

トリミングも奥深いですね。
野球の場合、近距離~遠距離まで撮らないといけないので、トリミングは必須だと思います。
単に被写体を切り出すのか、表現意図を持って切り出すのか等々、考える要素がいっぱいありますね。
Commented by とらっき~ at 2010-08-17 08:53 x
この夏の初戦は京都-新潟となりましたね(笑)
夏・甲子園限定のユニフォームですか!
いいですね~
明訓は地方決勝戦で観戦そして撮影してきました
エースの池田君は目の動きに特徴があるのですが
上手に表現されていて流石だと思いました!!
3塁側最前列からの撮影ということですが 何時から並ばれたのですか?
Commented by photomoments at 2010-08-17 09:08
とらっき~さん、おはようございます。

新潟明訓、本当にいいチームですよ。昨日も見てしまいました!
東北も北陸も、最近は本当に強いチームが登場するようになりましたね。

京都外大西の夏・甲子園のユニフォームは、2005年の夏準優勝以後、2007年の出場時に採用され、今回が2回目ですね。
個人的にはまだまだ見慣れません…。

この日の前売券を入手できていなかったので、6時前から入場券売場に並びました。
それでも幸いにして好ポジションで撮影できました。
Commented by Sho.M at 2015-07-26 19:23 x
ご無沙汰してます。
ふと、この記事を見て思ったのですが、WBのK調整ってなにか基準とか持ってたりしはるんですか?
5,200とか5,800とか、いろいろ数字があったので気になりまして。
Commented by photomoments at 2015-07-27 01:11
Sho.Mさん、こんばんは。

私の場合、ケルビン調整の基準は厳密なものはなく、撮影直後のモニター確認で色味に納得がいかない場合に適宜調整しています。
忠実色でも記憶色でもいいのですが、自分の感性で決めています。
プリセットのWBでは調整幅が大きすぎるので、200刻みで調整することが多いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第92回高校野球選手権大会 :...      第92回高校野球兵庫大会 : ... >>