2010年 08月 24日
第92回高校野球選手権大会 : 東海大相模 vs 土岐商 (前篇)
少し間が空いてしまいましたが、8月16日(月)の第1試合 東海大相模vs土岐商の写真を掲載します。

東海大相模の注目右腕 一二三投手は、7回まで土岐商打線を無安打に抑える好投。
4回裏、東海大相模は、5番 一二三投手の二塁打に端を発する3連打で2点を先制、8回裏には二塁打で出塁した3番 田中選手を4番 大城選手が適時打で生還させ、ダメ押しとなる1点を追加して勝利をおさめた。
土岐商の矢田投手・前田投手の継投の前に6安打に抑えられた東海大相模だったが、連打が出た回には確実に得点を挙げる攻撃だった。
7回まで無安打の土岐商は、8回表に先頭打者として送り出された代打 伊藤選手が左前打を放って待望の「H」ランプが灯った。
ヒットの瞬間、銀傘に反響する大歓声はものすごい迫力だった。
後続の打者が犠打を重ね、二死ながら伊藤選手を三塁まで進めたが、2番 金子選手が左飛に倒れて得点に至らなかった。


土  岐  商   000 000 000   0
東海大相模   000 200 01X   3
(2010年8月16日(月) 甲子園球場 第1試合)


一塁側からの撮影では二塁手の守備の撮影が映えると思う。写真は土岐商の二塁手 松井選手。
b0170881_1315439.jpg
b0170881_1315995.jpg
b0170881_13258.jpg

3回裏無死一・二塁と東海大相模の先制機。2番 伊集院選手の当たりは遊ゴロ併殺打で二死三塁となり、後続も打ち取られて先制できなかった。
b0170881_1321311.jpg
b0170881_1322066.jpg

4回表の土岐商の先頭打者 加藤選手。
b0170881_1322819.jpg

4回裏一死から二塁打を放った一二三選手。
b0170881_1342141.jpg

一死二・三塁から、7番 染谷選手の中前適時打で一二三選手と福山選手が生還し、東海大相模が2点を先制する。
b0170881_134281.jpg


b0170881_134355.jpg


(後篇へ続きます)


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-24 02:02 | 高校野球:甲子園 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第92回高校野球選手権大会 :...      第92回高校野球選手権大会 (... >>