2010年 08月 25日
第92回高校野球選手権大会 : 東海大相模 vs 土岐商 (後篇)
この日は野球写真撮影を趣味とする関西さん(「高校野球フォトアルバム」を開設)と一緒に撮影。
焦点距離500mmのレンズを扱う関西さんに合わせるように、普段よりもやや外野寄りの撮影位置に陣取ったので、少々本塁までの距離は遠くなってしまったが、その代わりに、一塁ベースに到達する選手の表情を追いかけることが多くなった。


5回から登板した土岐商の1番 前田投手。被安打2、4奪三振、無四死球の投球内容で、東海大相模打線を8回の1点に抑えた。
b0170881_7121490.jpg

6回表、土岐商の先頭打者が四球で出塁し、送りバントで一死二塁とした場面。3番 加藤選手のスイングは三ゴロ。続く4番 矢田選手も三振に倒れて無得点に終わる。
b0170881_7123155.jpg
b0170881_7123997.jpg
b0170881_7124767.jpg

初安打が遠い土岐商。7回は三者凡退に終わる。写真は二死から三ゴロを放った松井選手。
b0170881_712559.jpg

ノーヒットノーランが頭をよぎる8回表。土岐商は代打 伊藤選手を送ると、伊藤選手は期待に応えて左前打を放った。
b0170881_713354.jpg

一死二塁から、1番 高橋選手の送りバントを処理する東海大相模の福山選手。
送りバント2つを重ね、二死としてでも三塁まで走者を進めた土岐商だったが、2番 金子選手が左飛に打ち取られ、三塁走者の伊藤選手を生還させられなかった。
b0170881_7131539.jpg

逆に8回裏の東海大相模は、右翼手の頭上を越す二塁打を放った3番 田中選手を、4番 大城選手が左前適時打で生還させ、貴重な追加点を挙げた。
b0170881_713237.jpg

9回表、最後の打者となった土岐商の田中選手。
b0170881_7133188.jpg
b0170881_7134017.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-25 07:35 | 高校野球:甲子園 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第92回高校野球選手権大会 :...      第92回高校野球選手権大会 :... >>