2011年 04月 06日
龍谷大平安 OB戦-7
またも間が空いてしまいましたが、龍谷大平安OB戦にて撮影した写真のアップを再開します。

第2試合の開始前、OBたちに向かって原田監督がリラックスした面持ちでテンポよくノックを行った。
ちなみに、大学4年生となった元部員たちは、私が写真撮影を始めた年に高校3年生だったので、高校野球ではほとんど撮影機会がなかったことになる。
そんな私にとっては、なかでもこの2人のノックを間近で目にし、そして撮影できたことにちょっとした感慨を覚えた。
b0170881_764664.jpg
b0170881_765318.jpg
b0170881_77111.jpg


OB戦第2試合は、先攻が大学生、後攻が社会人というチーム編成で行われた。
b0170881_771672.jpg
b0170881_772517.jpg
b0170881_774860.jpg
b0170881_775677.jpg
b0170881_781132.jpg
b0170881_782980.jpg


by photomoments | 2011-04-06 07:36 | 高校野球:練習訪問 | Comments(4)
Commented at 2011-04-06 11:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by じょー at 2011-04-06 22:20 x
 お久し振りです。
 今年になり、3試合写真を撮りました。今度は、投手の撮影で悩んでます。フォーカスエリアを中央焦点で、1塁側から撮影したのですが、ピントがくっきり合いません。1塁側から撮影すると、横に体重移動するので投手を中央に置き、ピントを合わせても投手が消えてしまいます。ちなみに、α550の中古を購入してしまいました。シャッタースピード1/1000で撮影しています。αは、追従速度が遅いですかね。

Commented by photomoments at 2011-04-08 07:12
鍵コメさん、おはようございます。
この試合の勝敗は、社会人チームの大勝でした。

各校の監督さんたちは時間を割いて有望な中学生の視察をされているようです。
公立の監督さんもそうですが、土日も練習試合がある高校野球の指導者は、本当に忙しい方が多いと思います。

ちなみに、龍谷大平安の新グラウンドは伏見区 醍醐寺の近くにできるようです。
Commented by photomoments at 2011-04-08 07:22
じょーさん、おはようございます。お久しぶりです。

じょーさんが書かれている状況、体重移動するから中央1点のフォーカスから被写体が外れてしまって背景にピントを持っていかれる状況ですね。
私もαSWEETやEOS 30Dを使っていた時に悩まされました。
本当に投手だけを撮るなら(投手のモーションを撮った後で守備機会を追わなくて言い状況なら)ピントを固定にして撮るのが一案だと思います。
EOS 7D、NIKONのD300など、フォーカスエリアを外しても周囲のフォーカスエリアがアシストしてくれるカメラを使えば、
オートフォーカスを被写体追従にしてもピントが後ろに抜ける可能性はグッと抑えられると思います。

現行のαがどの程度の追従能力があるかはわからないのですが、これまでの蓄積があるCANONやNIKONの中級機の水準に達するのは難しい気がします…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 龍谷大平安 OB戦-8      大震災で考えたこと >>