2011年 11月 05日
第93回高校野球兵庫大会 : 準々決勝  川西緑台 vs 社 (前篇)
b0170881_15195524.jpg

試合を通じてムードのよかった川西緑台。選手だけでなくスタンドで全力で応援する控え部員の力も非常に大きかったように感じた。


この日の第2試合では、公立の有力校である社が川西緑台と対戦した。
社が前日の5回戦で神港学園にコールド勝ちしていたことや、川西緑台についての予備知識がまったく無かったこともあり、事前の自身の予想としては、社がこの試合を制し、準決勝で東洋大姫路と対戦することになるだろうなぁ と考えていた。
立ち上がりから社が相手のミスに乗じてあっさりと1点を先制したことから、その予想通りに進むものと思っていたのだが、直後に左前適時打で同点に追いつかれ、2回には川西緑台に逆転を許してしまう。
選手たちの溌剌としたプレー、野球が楽しくて仕方ないような様子と相まって、試合の流れや勢い、勝ち運のようなものまで川西緑台が握っていった。
そのことは、いつもの撮影であれば社の選手たちを被写体にとらえたショットが多くなるのに対し、この試合では川西緑台の選手たちにレンズを向ける場面が多くなったことにも表れていた。



100 000 000   1
110 010 00X   3
川西緑台
 (2011年7月26日(火) ほっともっとフィールド神戸 第2試合)


b0170881_15144010.jpg


両校の先発投手。川西緑台は三木投手、社は小寺投手。
b0170881_15465757.jpg
b0170881_1547585.jpg


1回表、社の先頭打者 近本選手が中前打で出塁、2番 川居選手の送りバントで三塁へと走塁した近本選手に対し、川西緑台の守備が乱れて先制のホームを踏む。
b0170881_15185995.jpg


直後の1回裏、川西緑台は一死二塁から4番 原田選手の適時打で西村選手が生還し、1-1の同点に追いつく。
b0170881_15255720.jpg
b0170881_1526351.jpg
b0170881_1526939.jpg


2回裏、川西緑台は9番 鎌屋選手が左翼手の頭上を越える適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。
b0170881_1535622.jpg


b0170881_15353777.jpg
b0170881_15354593.jpg

b0170881_15472689.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-11-05 15:53 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第93回高校野球兵庫大会 : ...      第93回高校野球兵庫大会 : ... >>