2015年 06月 02日
平成27年度 春季兵庫県大会決勝: 神戸国際大附 vs 社(前篇)
b0170881_6105728.jpg

b0170881_6125153.jpg

決勝戦に登板した神戸国際大附 塩田投手と、社 浜名投手


  神戸国際大附
  000 101 110   4
  100 000 002   3
  社
  (2015年5月5日(火) 明石球場 第2試合)

久々の兵庫の高校野球観戦。
兵庫県内で負けていない神戸国際大附が、中盤以降に加点を繰り返し、社を下して優勝した。
最終回の社の攻撃は見応えがあり、1点差に追い上げてなお三塁に走者を置き、一打同点のチャンスだったが、神戸国際大附の塩田投手が後続を断った。

b0170881_6274237.jpg

b0170881_6274798.jpg
b0170881_6275481.jpg
b0170881_627594.jpg
b0170881_62857.jpg
b0170881_6281637.jpg
b0170881_6282347.jpg
b0170881_6282917.jpg
b0170881_6283478.jpg
b0170881_6283915.jpg
b0170881_6284469.jpg
b0170881_6284967.jpg
b0170881_6291646.jpg
b0170881_6292569.jpg
b0170881_6293497.jpg
b0170881_6294019.jpg

(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2015-06-02 06:37 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(2)
Commented by tada at 2015-06-02 14:20 x
こんにちは
このようなプレー中の選手をしっかりと写し止めるには、シャッター速度は最低でも1/1000秒は必要そうですね。
私は明るい超望遠は持っていないので、こういう撮影をするにはISO感度をかなり高くしないといけなさそうですけど・・・

応援やグラウンド整備も、高校野球の立派な一シーンですよね。
私もこういうシーンにカメラを向けたりしています。
Commented by photomoments at 2015-06-03 06:35
tadaさん、おはようございます。

おっしゃる通り、シャッター速度は1/1000秒が一つの目安でしょうね。
(ただ、それより少し遅いシャッター速度の方が写真的に「おいしい」かな?と、実は思っています)
普通の日中の光量であれば、あまりISOを上げなくても1/1000秒は確保できると思います。
私はISOは400までが通常使用する値で、条件が悪くなれば1000や1600へと上げていきます。

試合に出場する選手以外にも気になる&絵になるシーンがあるので、時にはそんな場面にも注目したいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成27年度 春季兵庫県大会決...      本の発売について >>